目 次

1.愛犬が健康で長生きするアンチエイジングのマニュアル

あなたは、犬を飼っていますか?

私の家は、犬と猫を交互に飼っていて、最近猫が13歳半で死んだので、次は犬を飼おうと思っています。

愛犬家は、愛犬に健康で長生きをしてもらいたいと思っていると思います。

愛犬が15歳になっても病気や怪我もなく元気に過ごすアンチエイジングの方法があるそうです。

家でわずか10分でしてあげれる手作りの健康とアンチエイジングの方法だそうです。

それで早速私も読んでみました。

愛犬に長生きしてもらいたければ、東洋医学にその答えがあるそうです。


東洋医学とは
西洋的な化学療法や、外科的治療で病気や怪我を治す西洋医学に対して人間が本来備えている「自然治癒力」を最大限生かして体の機能回復をはかる医学です。

確かに、発症後の治療では西洋医学の方が即効性があり絶大な効力を発揮します。しかしできれば病気になどかかりたくはないですよね。

最大の違いは、基本的に発症してからの対応になる西洋医学に対し東洋医学は発症してからの治療だけでなく、発症前に予防できるという点にあります。また、投薬や手術を行わないため、患者側に負担が少ないとされています。
古くから日本には東洋医学を根としたあんま・鍼灸といったような療法・手法がありましたが、明治以降、特に第二次大戦後、経絡やツボなどは科学的根拠に欠けるとの判断から、東洋医学は一旦排除の方向へ向いました。

確かに、東洋医学は、西洋医学に比べ未知数の(科学的に証明されていない)分野も多くありますが、確実に成果をあげている療法や処方も数多くあります。

それゆえに、最近では医療に携わる人々の中でも、東洋医学への見直しが進み、関心が高まっています。
すでに、多くの病院でも治療・予防の両面で西洋医学と併用されてきています。
また関西や関東に鍼灸の大学や大学院ができて、鍼灸の博士も誕生しています。

この犬のアンチエイジング法は、
医学的根拠に基づくマッサージ法です。

わんちゃんの様々な症状の予防や改善につながります。

また、ツボの位置は素人にはなかなか分かりにくいものですが、
このマッサージは誰でも手軽に実践することができます。

この方法を指導しているのは
これまで多くの愛犬家の悩みを解決してきた
日本愛犬東洋医学研究会の会長、松嶋みゆきさんです。

インターネットの口コミでどんどん広がり、
さらに様々なメディアに取り上げられ、
今では800人以上の人たちがこの方法を行っているそうです。、

その実践者の方々から、
「散歩で軽快に歩くようになりました。」
「ヘルニアもかなり良くなってきました。」
「肝臓と腎臓の数値が正常値に戻りました。」

などなど、続々と奇跡の体験談が寄せられているそうです。

『ワンコの為の実用東洋医学 〜 指圧マッサージで手作りアンチエイジング 〜』について詳しいことは↓

次項有 『ワンコの為の実用東洋医学 〜 指圧マッサージで手作りアンチエイジング 〜』



続きはこちら>> 




何か、ご質問・お問い合わせがありましたら、お気軽にどうぞ。

posted by ケンタロー at 09:44 | 犬のための指圧マッサージ レビュー